本文へスキップ

メインクーンビギナーズカフェは、正式なブリーダーさんからメインクーンをお迎えする事で不幸な猫ちゃんを減らそうという主旨のご縁組みサイトです。

メインクーン・専門サイト−メインクーン・ビギナーズカフェメインクーン専門サイト-メインクーン・ビギナーズカフェ-

メインクーンBeginners-cafeトップページ → 猫ちゃんのご飯は危険?


猫ちゃんのご飯、とても危険です・・・!

コンビニやドラッグストア、ホームセンターなどで激安で販売されているキャットフード。
あなたはご自分の口に入れられますか?

猫ちゃんのフードは残念ながら、人間と同じレベルの優れた品質、管理体制を保つ工場で生産されたものはとても少ないと言えます。そもそも何年間もの賞味期限があるものには、それなりの加工剤が入っていますし、ペット用フードの工場に関しては、人間レベルの規制がない事も事実です。

ここでは簡単にキャットフードの危険性について説明させていただきます。

【添加物について】
防腐剤:長期保存するためと、粗悪油(廃油含)を常温でも腐らせないために入れられています。
着香料:合成の臭いをつけなければ、猫ちゃんが食べようと思わないフードが多々あるために入れられます。それほど粗悪な材料・油を使用しているという事です。
着色料:変色しやすい材料を誤魔化すために入れられています。
これらはコストを抑えるため、粗悪な材料を用いなくてはならない事から使用されています。
金儲け主義のために、たくさんの猫ちゃんの健康被害を生み出しています。


【原料について】
私たちがスーパーで購入する、鶏肉・豚肉・牛肉は100gでおいくらでしょうか?それと比較し、キャットフードで主材料として用いられているお肉やお魚は100gおいくら程のお値段でしょうか?10キロで2000円で販売しているフードは、加工費、輸送費などの経費を一切考えずに単純計算したとしても1キロ200円、100gであれば20円…実際には当然、加工費、包装費、輸送費、人件費…など様々な経費が含まれるので1円にも満たない、タダ肉となってしまいます。では、そのタダのお肉とは何でしょうか?

答えは、病気や怪我で処分された動物の肉、もしくは死にそうな動物の肉です。

さらに、牛肉副産物、鶏肉副産物…などの肉副産物においては、糞尿、鶏の羽やくちばしなどを一括りで「副産物」と表記されています。

穀類の表示においては、〜粉と記載されており、明確に小麦、とうもろこし、米などと書かれていないものが多く、大概が、カビ等により人用に使えない物を粉にしペット用フードとして再利用しています。

このような廃油と副産物を食べ続けていて、猫ちゃんの健康に良いとは絶対に言えません。猫ちゃんの健康は、あなたが守ってあげなくてはいけません。家族である猫ちゃんが少しでも長生きできるように、激安品は止めましょう。

ペット業界は、ワンちゃん、猫ちゃんの数が増えるほど、悪徳業者が金儲けの為に参入してきます。あなたがペットフードにこだわりを持てば、悪徳業者を減らす事につながります。

しかしながら、ここで残念な事を書かなくてはいけません。
当サイトには、愛猫ちゃんにも、人間同様、安心なご飯を食べさせてあげたいという方より多く「どのフードが良いですか?」とご質問をいただくのですが、プロのブリーダーさん、獣医さん、様々な猫のプロにお話を伺っても、現時点では完璧なキャットフードは存在しないのではないかというお答えをいただきます。

そこで、Beginners-cafeでは、
・材料がを厳選されている
・栄養のバランスが良い
・無添加フードである(無添加に近いフードも含)
・自然派フードである
という観点でおすすめのフード及びサイトをご紹介しています。

犬猫自然食本舗:着香料、着色料、酸化防止剤、膨張剤不使用、細やかな説明が良い
SGJプロダクツ:化学薬品や合成添加物は一切不使用、食品基準をクリアした材料のみ使用

【子猫ちゃんの譲渡時のご飯について】
譲渡後すぐの子猫ちゃんは、新しい環境でストレスが多く、新しいフードにしてしまうと下痢などを引き起こしてしまう場合もあります。そのため、譲渡時すぐのご飯は、ブリーダーさん宅であげていたものと同じものを用意してあげましょう。新しいフードに切り替えるときは、胃が驚かないように、徐々に新しいフードを増やしてあげ、3日〜1週間ほどかけて切り替えてください。



shop info